山梨學院大學とセカイ

キャンパスでのグローバルな學び[初めてでも安心の留學サポート體制]

山梨學院大學は、學生?教員?職員といった組織全體として、Diversity&Inclusionを推進するとともに、國際共修※の理念を理解し実踐する大學として、「語學力を磨きたい」「その國の文化も學びたい」「現地の學生とともに専門を深めたい」など、さまざまなグローバルな學びの機會を用意しています。

數字で見る特徴と魅力

  • 在學生の國籍?地域

    39カ國?地域

  • 海外學術提攜校

    30カ國

    50大學以上

  • 外國人留學生

    425

    うち短期留學生49名

  • Enjoy 海外!プログラム

    10カ國

    20コース以上

[學びの KEYWORD]國際共修

文化的背景が多様な學生で構成される學びのコミュニティのなかで、その文化的多様性を活用し、メンバーが相互交流を通して學び合うこと及びその仕組みのこと

〈自文化中心の場合〉

  • 自文化の枠の中での知識?理解?経験を深める
  • 他文化に対して表層的な理解にとどまりやすい

〈國際共修の場合〉

  • 他文化への理解を通して自文化を見つめ直し、より深く理解することができる
  • 他文化に觸れることにより視野が広がり、思考も深まる

Enjoy 海外!プログラム

まずは體験してみよう!「海外體験」を大學が応援

山梨學院大學では、國際化の一環として、まずは多くの學生の皆さんに海外を體験してほしいという思いから、旅行會社と連攜しオリジナル海外體験プログラムを用意しました。初めての海外でも、英語ができなくても大丈夫!旅行會社がサポートしているため、現地でのサポートも受けられます。なお、本學の「海外留學支援制度」を利用した場合、學年によっては、自己負擔金が実質ゼロとなるコースもあります。自分の目的に合わせてコースを選んでみましょう!

プログラム例

アメリカ?ハワイでの本格的な英語學習!

アメリカ?ハワイ大學マノア校の緑あふれる広大なキャンパスで2週間のキャンパスライフを満喫!

SDGs (エス?ディー?ジーズ)HIS企畫

カンボジアの孤児院交流?小學校での課外事業!フィリピン?セブ島でのストリートチルドレンとの交流!

SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略稱で、「持続可能な開発目標」のこと。國連で掲げられた、持続可能でよりよい世界を目指す國際目標です。

IT企業が集まるシアトルで學ぶ

日本人スタッフも常在し、シアトル周辺の観光地訪問や本場のIT企業見學も可能です。

民族衣裝や料理にも挑戦!タイ文化にふれる8日間

3萬人が學ぶ國際色豊かな、タイ?ランシット大學。8日間でタイ語をはじめ、タイ文化を體験します!

大學からの支援金

在學中1回使える支援金制度を活用して、この機會に海外に行く楽しさを體験しましょう。

1年次利用 上限32萬円 3年次利用 上限16萬円
2年次利用 上限24萬円 4年次利用 上限8萬円

Topicsダブルディグリープログラム
日本と海外、2つの大學の
學位取得を目指せる!

  • 西安交通大學(中國)とのダブルディグリープログラムがはじまります。ダブルディグリープログラムは、4年間で2大學の學位を取得できるシステムです。

Topics異文化交流施設
「Language Commons(LaCoMo)

  • 2020年にオープンのLaCoMoは、English Café、Japanese Café、 ワールドカフェ、図書コーナーなどが入る異文化交流施設。コーヒーを飲みながら、本を読んだり、留學生とおしゃべりをしたり、異文化に觸れながら、留學生や外國籍の教員とのコミュニケーションを通して相互理解を深めていくことができます。

SNS