トップページ > お知らせ一覧 > 2021年後期入學者への歓迎メッセージ

山梨學院大學お知らせ一覧

2021年9月6日(月)

2021年後期入學者への歓迎メッセージ

 新入生のみなさん、ご入學おめでとうございます。古くから日本最大の霊峰とされてきた富士山をキャンパスから望むことのできる山梨學院大學へようこそ。多くの入學生がコロナ禍のため入國できない狀況を考慮して、秋入學のみなさんに、歓迎のメッセージを書面で屆けます。

 みなさんは、大學に何を求めて入學しましたか。山梨學院大學は、現在、二つのビジョンを掲げて、その実現を目指しています。その二大ビジョンとは、一つが「教育の質的転換」であり、もう一つが、「全學的國際化」です。

 全學的國際化は、文字通りの意味です。學生については、このメッセージを読んでいるみなさん自身がそうだと思いますが、日本國籍の學生だけでなく、世界中から多様な國籍をもつ人がキャンパスに集うことを目指しています。そして、この多様性を學生だけでなく、教員や職員についても広げていきます。多様なバックグラウンドをもった學生や教職員が、ともに學び合い成長する大學、それが山梨學院大學です。

 他方で、「教育の質的転換」ですが、これはみなさんが、「自律的な學習者」となることを狙いとしています。人間の平均壽命がとても長くなり、また、社會の変化のスピードが非常に早くなってきました。大學で學んだ知識やスキルだけでは、長い人生を歩んでいく間に、社會の進展にはついていけなくなります。その時大事なのは、自ら必要とされる力を自分で開発する能力です。そのための力を養うところが、大學です。大學は社會に出るまでに身につけるべき力をDiploma Policyとして示しています。このDiploma Policyに示された力を、みなさんが4年後に「伸ばすことができた」と実感できるようにすること、これが「教育の質的転換」です。

 それはもちろん、教職員だけでできるわけではありません。力は外からつけるのではなく、內から湧いてくるものです。みなさんが、自己発展に燃えるように支えるのが、教職員の役割です。山梨學院大學を設置する學校法人C2C Global Education Japanは、學園哲學としてC2C(「Curiosity to Creativity」?「Challenge to Change」)を掲げ、「創造性?好奇心?変革?勇気」を教育哲學として追求します。私たち教職員もこの哲學を體現しようとします。みなさんもぜひ、こうした哲學を様々な場面で追求していってください。

2021年9月
山梨學院大學長 古屋光司

Page Top

国产成人无码免费视频在线观看,夜夜未满十八勿进的爽爽影院