トップページ > 教員一覧 > 原口 幸司

山梨學院大學 教員プロフィール

國際リベラルアーツ學部國際リベラルアーツ學科 特任講師

原口 幸司(はらぐち こうじ)

原口 幸司
擔當科目
外交史A
外交史B
International Relations in the Asian Pacific Region(アジア太平洋地域における國際関係論)
Japanese Politics and Diplomacy(日本の政治と外交)
Seminar (Political Science)(政治學演習)
Global Politics(グローバル政治)
Sociology of Globalization(グローバル化の社會學)
International Relations(國際関係論)
講義日
月曜日?火曜日?水曜日?木曜日
研究室
87號館(iCLA棟)1F F104
専門分野
國際政治學、アメリカ政治、日米関係
最終學歴
ユタ大學大學院政治學部 博士課程
取得學位
外國語學學士(上智大學)、國際関係論修士(上智大學) 政治學修士(コロンビア大學)、政治學博士(ユタ大學)
主な所屬學會
International Studies Association, Western Political Science Association

研究のヴィジョン

日米安保體制を両國の國內政治と歴史から分析。特に日米の國民がどのような戦爭観と安全保障に関する考えを持ってるかに注目し、日米安保の歴史的継続性と変化を研究。また、日米安保を研究する理論的枠組みとして、従來、競合あるいは矛盾するとされてきた同盟、集団安全保障、安全保障の共同體のモデルを統合する、安全保障協力體制の包括的理論の提案。

主な研究業績

?Hrebenar & Nakamura eds. Political Parties in Japan (Parglave, 2015). (共著)
?W. ラフィーバー『アメリカとロシア 冷戦時代とその遺産』 (蘆書房、2012年)(共訳)
?M. シャラー『アジアにおける冷戦の起源』(木鐸社、1996年)(共訳)

教育のヴィジョン

?政治學は政治家や學者だけが學んでいれば十分というわけではありません。政府と政策の質は一般の市民が日常生活の中で、どれだけ政治に関心を持ち、関わりを持っていくかに大きく左右されます。特に、グローバル化する世界の中で必要とされる國際的市民教育としての政治學を學生の皆さんと一緒に探っていきたいと考えています。

?日米の大學で學部生ならび院生として教育を受け、米國の大學で教鞭をとった経験を活かして、山梨學院大學の學生さんの指導にあたりたいと望んでいます。

主な教育?指導

?2004~14年 ユタ大學政治學部 兼任講師 國際政治入門、アメリカ政治入門、比較政治、アジア太平洋の國際関係擔當
?2012年 ウェストミンスター大學 Adjunct Assistant Professor(兼任講師相當) 政治學入門擔當

国产成人无码免费视频在线观看,夜夜未满十八勿进的爽爽影院