トップページ > 教員一覧 > 小笠原 高雪

山梨學院大學 教員プロフィール

法學部政治行政學科,大學院社會科學研究科 教授

小笠原 高雪(おがさわら たかゆき)

擔當科目
國際関係史 / 國際政治 / 安全保障研究 / 基礎演習Ⅰ?Ⅱ /専門演習Ⅲ?Ⅳ?Ⅴ?Ⅵ / 演習Ⅲ?Ⅳ?Ⅴ?Ⅵ
講義日
時間割を確認してください
研究室
新12號館2F 2-3研究室
専門分野
國際政治
最終學歴
慶應義塾大學大學院法學研究科政治學専攻博士課程単位取得満期退學
取得學位
法學修士(慶應義塾大學)
主な所屬學會
日本國際政治學會,國際安全保障學會,アジア政経學會

研究のヴィジョン

日本人のアジア認識は近隣の北東アジアに集中しがちであるが,それに東南アジアを加えた広域的な視野が求められている,というのが私の一貫した立場である。安全保障にせよ,経済発展にせよ,東南アジアとの連攜が日本にもたらすものはきわめて大きい。中國の存在感が増大している今日,そのことの重要性はますます顕著になっている。

そのような立場から私が研究を重ねてきたのは,東南アジアをめぐる大國間政治,ベトナムの対外観と対外関係,ASEANの拡大と深化といった主題であり,折々に発表してきた論稿をそろそろ集成したいと考えている。

ここ數年は中國南部を含む大メコン圏の開発協力,テロ対策をめぐるASEAN協力,東アジア地域主義に対する日本の関與などにも関心を抱き,學外の専門家と共同研究を行なっている。

主な研究業績

「米中対峙」下のASEAN (共著),明石書店,2014
平和構築へのアプローチ (共著),吉田書店,2013
ASEAN再活性化への課題 (共著),明石書店,2011
東アジア共同體白書 (共著),たちばな書房,2010
対テロ國際協力の構図 (共著),ミネルヴァ書房,2010
入門 政治行政 (共著),公人の友社,2008
ユーラシアの紛爭と平和 (共編),明石書店,2008
越南政治経済制度研究 (共著),雲南大學出版社,2006
アジア地域秩序とASEANの挑戦 (共著),明石書店,2005
メコン地域開発 殘された東アジアのフロンティア (共著),アジア経済研究所,2005
アメリカと東アジア (共著),慶應義塾大學出版會,2004
國際経済參入期のベトナム (共著),アジア経済研究所,2004
東アジア地域主義と日本外交 (共著),日本國際問題研究所,2003
変革の時代の政治行政 (共著),山梨日日新聞社,2002
アジア政治経済論 (共著),NTT出版,2001
転換期のASEAN (共著),日本國際問題研究所,2001
ASEAN in Vietnam’s Foreign Policy: Traditional Expectations Tokyo: The Japan Institute of International Affairs, 2001
ベトナムの國家機構 (共著),明石書店,2000
地域の世界史 12 地域への展望 (共著),山川出版社,2000
日本?ベトナム関係を學ぶ人のために (共著),世界思想社,2000
現代アメリカ外交の転換過程 (共著),南窓社,1999
東アジア國際関係のダイナミズム (共著),東洋経済新報社,1998
東アジア 危機の構図 (共著),東洋経済新報社,1996
Asia-Pacific and Vietnam-Japan (co-authorship),Hanoi: Institute for International Relations, 1994
法と政治 入門 (共著),第一法規,1993
ポスト冷戦のインドシナ (共著),日本國際問題研究所,1993
Indochina in Transition: Confrontation or Co-prosperity (co-authorship),Tokyo:The Japan Institute of International Affairs, 1988
インドシナをめぐる國際関係 (共著),日本國際問題研究所,1988
冷戦期の國際政治 (共著),慶應義塾大學出版會,1987

教育のヴィジョン

「國際問題に関心を持つ有権者」をキャンパスから一人でも多く送り出したい。

主な教育?指導

講義科目のうちの安全保障研究は,私の導入的な講義のほかに,多數の學外講師を招聘している點に特徴がある。すなわち,外務省をはじめとする諸官庁や自衛隊,非政府組織,シンクタンク,ジャーナリズムなどで活躍している実務家や専門家の方々に,現場感覚あふれる講義をお願いしている。それらは受講生の視野を広げ,関心を深めることに,大いに役立っていると思われる。

ゼミの主題は國際政治と安全保障であり,文獻を中心とした研究のみならず,実地に経験を重ねることをも重視している。各種の施設を見學するほか,數年ごとに海外研修旅行(臺灣,韓國,ベトナム等)を実施している。ゼミ生諸君は「百聞は一見にしかず」という言葉の意味を噛み締めているようである。さらに卒業論集の制作もおこなっている。それは大學生活の集大成であり,一生の記念となるものである。

社會活動のヴィジョン

研究の成果を社會に還元することは,研究者としての生き方を許容してくれている社會に対する最小限の恩返しだと考えている。授業や學生指導の最優先を當然の前提とした上で,キャンパス外にも積極的に出かけることを自らに課している。

主な學內活動?社會活動

兼職?兼任(現行):
日本國際フォーラム政策委員,秋野豊ユーラシア基金理事,中央大學総合政策學部講師,尚美學園大學総合政策學部講師

取材?出演?講演等(2012年4月-2014年3月):
The Japan Times,山梨日日新聞,エフエム甲府,山梨放送,海上自衛隊幹部學校,航空自衛隊幹部學校,海上保安大學校,韮崎市公民館

国产成人无码免费视频在线观看,夜夜未满十八勿进的爽爽影院